商工会について

経営発達支援計画

 

経営発達支援計画とは、商工会及び商工会議所がその機能を活用して小規模事業者の経営の改善発達を支援するための措置を講ずることにより、小規模事業者の経営基盤の充実を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを目的としています。
小規模事業者の技術の向上、新たな事業の分野の開拓その他の小規模事業者の経営の発達に特に資するものについての計画を作成し、これを経済産業大臣の認定を受け、小規模事業者の需要を見据えた経営の促進と販路開拓が主な内容で、さらには、小規模事業者の持続的発展から、地域経済の活性化を目指しています。

経営発達支援計画の目標

行政及び各関係機関との連携を密にし、地域小規模企業並びに地域の持続的な発展を図る上での最重要課題を「地域内での賑わい創出に向けた小規模企業及び経営体力強化のための組織強化(法人化及び新事業展開等)・事業の円滑な承継(廃業支援を含む)」と位置付け、地域一体となった総合的な支援を提供することで、地域経済の底上げを図り、活力に満ちた地域を創造します。

事業内容

1. 経営力強化支援事業の実施

小規模企業及び経営力強化のための組織強化(法人化及び新事業展開等)に向け、地域経済動向調査及び需要動向調査、経営力分析結果に基づき、企業の経営体力に応じた経営課題を、短期・中期・長期に分類し、より実践的な経営計画の策定支援を行います。計画策定に向けて建設業向け経営力強化セミナー、小規模企業援セミナー等を開催し、事業計画策定を目指す小規模企業や創業希望者の掘り起しを行います。計画の策定にあたり各支援機関等と連携し、一般的な計画や創業支援、新分野進出等新事業展開、企業(事業)再生、事業承継等の経営課題、またはゴールを明確にした上でシームレスな伴走型支援を実施します。

2. 新たな需要開拓に寄与する事業に関すること

岩国市や大竹市に大型店舗が進出により、地域外への就業者も多く、小売商業の購買は地域外へ流出の傾向がある中で、地域小規模事業者が持続的発展を図るために、既存事業者の経営力向上、需要開拓を継続して支援し、企業群関連の建設業・設備業の会社の円滑な事業承継や意欲のある創業支援、需要を見据えた事業展開等支援を行っていきます。そのために、地域の全業種を対象に新規顧客開拓、既存客のリピート率向上等を目指し、補助金の施策を積極的に活用した販売促進用チラシ・パンフレットの作成、顧客満足度向上のための取り組みについて提案・支援をするとともに、商工会のホームページやSNS(Facebook)により地域小規模事業者の事業PRを行います。また、商工会と」連携する和木町地域振興協会の協力で和木地区でのケーブルテレビを活用し、地域小規模事業者の商品・サービス等のPRを図り、地域での認知度向上を図ります。

3.地域振興及び地域経済の発展に関すること

地域資源を活用した特産品の開発や町内最大の観光資源である和木町蜂ヶ峯総合公園での観光イベント等を通じて、和木町の特産品や地域中小・小規模企業が取り扱う新商品展示・販売等のPRを図ることで、 和木町や一般社団法人和木町地域振興協会等、地域関係団体と連携・協力し地域住民を巻き込んだ経済活性化を図ります。

計画書

平成29年 経営発達支援事業の概要