商工会について

経営発達支援計画

 

経営発達支援計画の認定について

 経営発達支援計画とは、2014年に「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号、以下「小規模事業者支援法」という。)の一部を改正し、商工会が行ってきた経営改善普及事業の中に、小規模事業者の経営発達に特に資するものとして「経営発達支援事業」を新たに位置づけ、商工会が小規模事業者の経営戦略に踏み込んだ支援を実施する「経営発達支援計画」を経済産業大臣が認定する仕組みです。
 小規模事業者支援法については、2019年7月に一部を改正し、(1)商工会は市町村と共同で計画を作成する、(2)経済産業大臣が計画認定する際には都道府県知事の意見を聴く、(3)一定の知識を有する経営指導員が計画に関与する、といった内容が盛り込まれました。

経営発達支援事業の概要

2021年4月1日~2026年3月31日 経営発達支援事業の概要

経営発達支援計画の詳細

2021年4月1日~2026年3月31日 経営発達支援計画別表1~4

報告書

2017年 和木町観光需要調査報告書

2016年 和木町地域経済動向調査報告書

2016年 和木町商工会需要動向調査・分析報告書